英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!

もう迷わない!一番カンタンなTOEICの勉強の始め方 | Just another WordPress site


テーマ:勉強法

こんにちは!
佐藤です。

 

TOEICを受けてはみたものの、

「ワケもわからず、チンプンカンプンのまま2時間が終わってしまった・・・」

という苦い経験を持つ人が非常にたくさんいます。

(まぁ最初はそんなもんですけどね。苦笑)

 

 

ある程度経験を積んでくると、

 

「Part3の後半の問題が聞き取れなかったな」

とか

「リーディングでは文章を読むスピードを上げていかないとな」

 

など、次の試験に対する解決策が自分で考えられるようになってきます。

 

 

しかし、初心者の場合は全てがムズカシイ問題に見えてしまって
“自分の弱点すら見つけられない”
という状態になってしまうパターンがほとんどですよね。

 

 

 

 

でも、安心してください!!

 

 

 

 

今回は、そんな時にとても有効な
「TOEICの勉強は、まずはここから始めていきましょう」という内容を
解説していこうと思います!!

 

 

 

 

■すべて苦手だと思ったら、まずはPart1から丁寧に

 

まずTOEICの全体の構成についてですが、

 

リスニングセクション Part1~4
リーディングセクション Part5~7

 

と、このように全7つのPartで構成されています。

 

 

また、基本的にPartの若い番号から順に難易度が上がっていきます。

 

 

たとえば、リスニングセクションを例に挙げてみても、
Part1では短い英文(1文)での構成になりますが、
Partが進むにつれて質問形式→対話形式→長文問題という流れで
徐々に難易度が上がっていきます。

 

ですので、TOEICテストを1回受けてみた時に
「ムズカシイ所ばかりで、結局何から手を付けたらいいのかわからない」
という状態でしたら、まずはPart1の問題から徹底的に攻略することを考えましょう。

 

 

Part1に出てくる英文は文法的にも比較的カンタンな文章で出題されますので、
文字を読めばなんとなく理解できるという文章がほとんどです。

 

逆に、Part1に出てくる英文や単語が理解できないというレベルでしたら、
まずはこのパートで用いられている英文の文法や単語を習得することから
始める必要がありますね。

 

 

文法と言っても中学英語の文法知識で全然OKですので、
少し中学英語を振り返る程度で十分理解できるようになります。

 

主には
・be動詞の文
・現在進行形
・受動態
などが出題されやすい傾向にあります。

 

 

この辺は文法知識がなくても
何度も練習問題を重ねるうちに自然と慣れてきますので、
問題を解きながら少しずつ英文知識を身に付けていくことができると思います。

 

 

 

で、ここからが重要。

 

 

見て(読んで)英文の意味が理解できるようになったら、
今度はその英文がどのように発音されるのかを確認するトレーニングに移ります。

 

まずは英文を見ながらCDの音声を聞いて
眼と耳で英語の発音、リズムを取り込みましょう。

 

慣れてきたら、英文を見ないで音声のみを何度か繰り返し聞いてみます。

 

その頃にはある程度英文が頭の中でイメージできるようになっていると思いますので、
音声を聞いた時に頭の中に英文がイメージとして描けるようになっていれば
英文を聞き取ることができたと判断してOKです。

 

 

 

勘違いしないでほしいことは、
「音声の聞き流しではリスニング力が身に付かない」
という事です!!

 

音声の聞き流しの場合、
英文をイメージするヒマもなく次の音声が流れてきてしまうので
意味を理解したり頭の中で思い描くという作業ができなくなってしまい、
いつまでも英語を処理するという能力が成長していきません。

 

音声のみを聞いて

「リスニングの勉強ができた!」

というただの思い込みになってしまわないよう注意してください。

 

 

 

例えば、通勤時間を利用してリスニングをするのであれば
事前にリスニングする英文を読んでおく(できれば意味を理解しておく)
という作業をしておくと効果は何倍にもなりますので、ぜひこの方法は取り入れてほしいと思います。

 

 

Part1の問題の中でも簡単な英文から少し難しい英文もありますので、
まずは自分が1番簡単だと思う問題からチャレンジしてみて下さいね!

 

ちなみに、比較的簡単なパート1の問題でも

徹底的に勉強すればリスニングパート全体の実力も上がります。

 

 

焦る必要はありませんので、まずは丁寧にパート1の問題が解けるまで勉強していきましょう^^

 

 

 

 

 

次回はリスニング力が飛躍的に向上する方法についてお話ししていきたいと思いますので、

そちらもぜひ楽しみにしていて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

■追伸

昨日は地域のお祭りに行ってきました!

 

あまり大きなお祭りではないのですが、
6歳の長男が初めて「棒の手」を披露するという事で
僕にとってはとてもビッグなイベントとなりました。

 

「棒の手」とは、伝統芸能の一つで
剣、棒、槍などを使って2人1組で武術の形を披露します。

 

 

たくさんの子供が参加し、みんな元気に棒の手を披露していました。

 

でも、僕の気持ちはそれどころではありませんでしたね。
長男の出番がいつなのか、いまか!いまか!とずーっとソワソワしていました。笑

 

そして、
ついに長男の出番の時が来ました!

 

 

僕の緊張などそっちのけで、
本人は笑顔でニコニコし、緊張なんてまったくしていない様子です。

 

 

そして、約2分ほどの演技が無事に終了しました。

 

長男の立派な姿に思わず涙が出そうになりました。

 

 

冷静に演技を分析すれば、
かけ声は全然出てないし、動きも全然キビキビしてないし、細かいミスはたくさんあるし、
とても褒められる出来栄えではなかったんですけどね。

 

 

 

でもそんな事僕にとってはどうでもいい事なので。笑

 

人前で立派に演技をやりきった長男を思いっきり褒めてやりました^^

英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!