英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!

TOEICで英文を「早く」読むためにまずやる事 | Just another WordPress site


テーマ:勉強法

こんにちは!
佐藤です。

 

TOEICに苦手意識を持つ人の多くが
試験時間が長く、問題数が多い
という事にストレスを感じていますね。
(僕も確かにそう思います)

 

実際、TOEICでは2時間という長丁場の中で200問を解くという、
かなりハードなテストであることは間違いありません。

 

単純計算でも1問36秒のペースで問題を解いていく必要があるのですが、
もちろんすべての問題をこのペースで解いていくのは不可能です。

 

 

 

TOEICでは簡単な問題、難しい問題がごちゃまぜに出題されますので、
このごちゃ混ぜによってペースを乱され、本来の力がうまく発揮できないという人も
中にはいます。

 

理想としては難しい問題になるべく考える時間を使いたいので、
簡単な問題はなるべく早く答える必要があります

 

時間をセーブした分、後々落ち着いて問題に取り組むことができますからね。

 

 

 

ただし、初心者の方やあまり英語が得意でない人にとっては、
そもそもどれが簡単な問題で、どれが難しい問題なのかを
判断することも難しいと思います。

 

世間には英文をさっと読んで
正しい選択しを早く選ぶ為のテクニックもありますが、
そういったテクニックに手を出す前に
まずはフツーに英文を早く読める能力を鍛えるのが一番です。

 

そのためには、

1つの問題の内容、単語、文法がスッキリ理解するまでトコトン考えぬきましょう

 

 

 

最初は時間がかかってもいいので(かかるのがあたりまえ)、
まずは時間を気にせず英文を理解する努力をすることが大切です。

 

知らない単語はメモを取る。
主語や動詞、目的語の位置関係を把握する。
単語の変化形に気を配る。
正しい選択肢と間違いの選択肢では何が違うのか。

 

こういった事に気を配りながら、
1つの問題、1つの英文を細かく分析する気持ちで
理解していきます。

 

 

 

最初こそ苦労する場面もあると思いますが、
このような勉強を繰り返すことで英文の主要な部分が直感的にわかるようになり、
パッと見ただけで重要なメッセージに気づけるようになってきますので、
結果的に短い時間で要点を把握し、正解を選ぶことができるようになります

 

 

 

「早く問題を片付けなきゃ」と思い
1つ1つの問題を中途半端に解釈してしまっていては
本質的な英文の理解をすることはできなくなってしまいます。

 

「早くやる」、「焦ってやる」ことが早く読むことにつながるのではなく、
質の良い英文の読み方を何度も何度も繰り返すうちに、
いつの間にか英文を読むことが早くなっていたという事が理想的な姿です。

 

 

 

もちろん時間を計って問題を解く練習も必要にはなりますが、
これは「ある程度時間をかければ英文を理解できる」というレベルまで
達した人に有効となる勉強法です。

 

もし「時間をかけてもなかなか英文をスッキリ理解できない」というレベルでしたら
まずは時間をかけて丁寧に英文を理解することを目的とした勉強をしていきましょう。

 

「時間をかけて丁寧に英文を理解する」という作業が少し面倒だなと思うかもしれませんが、
ダマされたと思って一度試してみてください。

 

1問目より2問目、2問目より3問目と
徐々に英文を理解するスピードが速くなっていくことが体感できると思います。

 

時間だけではなく、英文を読むときのストレスも不思議と軽くなっていきますので、
まずは少しだけ気合を入れて、苦手な英文と向き合ってみてください。

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!