英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!

Part2で知っておくと便利な単語、成句 | Just another WordPress site


テーマ:Part2攻略

こんにちは!
佐藤です。

 

今回はPart2の勉強で出てきた単語、成句をまとめました!

 

基本的にはTOEICで非常に良く使われるとても重要な単語、成句を集めましたが、
それ以外にも知っておくと便利なもの、いざという時に使えるとカッコいいものなど、
何かしら役に立ちそうなものも合わせて紹介していますので、
参考にしていただければと思います♪

 

 

 

 

why don’t we~?:~するのはどうですか?
「(一緒に)~しませんか?」という提案の形の
もっともポピュラーな形ですね。
TOEICでは、
この提案を受ける場合は「Sounds good」のような定型文で、
提案を受けない場合はその理由を述べている文が正解となります。

 

 

try out:試す

 

 

boulevard:大通り
「道」を示すほかの単語としては「street」や「avenue」などがあります。
若干のニュアンスの違いはありますが、TOEICに関して言えば「道」や「通り」
という程度の認識で問題ありません。

 

 

develop:現像する
基本的に「develop:開発、発展」として使われる場合がほとんどですが、
このように”変化球的に”使われる場合も無きにしも非ずですので、
このような変化球的な使われ方をする単語はしっかり覚えておきましょう。

 

 

film:フィルム
こちらも、基本的には「映画」という意味で使われる場合がほとんどですが、
「develop」とセットで出てきた場合には
「現像する+フィルム=写真の現像のことを話しているんだ!」と推測することができます。

 

 

within:以内に

 

 

unexpected:予期せぬ

 

 

development:展開

 

 

rural:田舎

 

 

urban:都会

 

 

confirm:確認する

 

 

appointment:約束

 

 

Either would be just fine:どちらでも結構です
相手の提案に対して「どちらでも構いませんよ」と答える場合の
定型文です。
とても丁寧な言い方ですので、覚えておくといざという時に返答も
スマートにできるかもしれませんね^^

 

 

mail(動詞):メールを送る
「メール」と聞くと名詞の方を思い浮かべがちですが、
動詞として使われる場合にはこの一言で「メールを送る」という表現を
することができます。

 

 

How come~?:なぜ~?
「なぜ~?」と聞くと真っ先に「why」という単語が思い浮かびますが、
「How come~?」も同様の意味を持ちますので、しっかりと覚えて置いてください。
※TOEICでは非常に頻繁に出没します。

 

ちなみに、「Why」を使う場合と「How come」を使う場合では
後ろに続く文章の形が変わりますので注意してください。

 

●Why~?場合・・・疑問文
例)Why are you so tired?

 

●How come~?の場合・・・肯定文
例)How come you are so tired?

 

上記の例文はどちらも意味は同じなのですが、
疑問詞の後ろの文章が疑問文の形を取っているのと肯定文の形を取っていること
注意してくださいね。

 

 

relatives:親戚

 

 

pick ○○ up:○○を迎えに行く
○○の部分には主に「人」が入ります。
例)I’ll pick you up at 3 pm.
午後3時にあなたを迎えに行きます。

 

 

expect:予期する、期待する

 

 

grab a cup of coffee:(手早く)コーヒーを入れる
「同じ表現が次のTOEICでも出るのかな・・・?」と思うことはありますが、
勉強していて気になった表現があったら積極的に暗記の対象に入れましょう。笑

 

 

what do you say~?:~するのはどうですか?
こちらも、提案の形の定型文ですね。
基本的には「Why don’t we~?」の形のほうがポピュラーなのは間違いないのですが、
TOEICではこうしたちょっと”変化球”的な形も非常によく使われますので、
選り好みはせずしっかりと覚えておきましょう。

 

 

 

 

今回ご紹介した単語、成句は(一部の変化球を除いて)本当に
頻繁に使われるものばかりです。

何度も目にして、耳にして、口にして、
考えなくても意味がわかるくらいしっかり頭に叩き込んで置いてくださいね!♪

 

 

 

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

■追伸

TOEICの練習問題をしていると

たくさんの知らない単語に出くわすと思います。

 

 

知らない単語はもちろん覚える努力をするのですが、

単語の意味を調べてその意味がわかったら

必ず一度は問題文の確認をしてください。

 

 

単語の意味がわかった状態で実際の問題文の意味がわかるようになれば、

調べた単語に対する理解度はさらに上がります。

 

 

単語の意味を調べることで満足してしまうと、

次にその単語に出くわしたときにパッと思い出せないなんてことも良くありますので、

単語の理解→文章の理解、単語の理解→文章の理解というように、

最終的には英文を正しく理解できる状態を作ることを常に心がけてくださいね。

英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!