英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!

1日たったこれだけで1か月に1000単語を覚える方法 | Just another WordPress site


テーマ:英単語

こんにちは!

佐藤です。

 

一般的に日本人が高校卒業するまでに覚える単語の数としては

おおよそ3000語前後と言われています。

 

それだけの語彙(ボキャブラリー)があれば、

TOEICでは400点台は取れるというレベルと言われています。

 

 

また、さらに上のレベルを目指すのであれば、

TOEIC600点では約5000語、

さらにさらに上を目指すのであればもっとたくさんの単語を

覚える必要があるという事ですね。

 

 

もちろん、いきなり2000~3000語の単語を覚えろと言われも

無理なものは無理です。

 

 

 

ですが、正しい単語の身に付け方を知っていれば

意外と簡単に語彙を増やしていくことができます。

 

 

今回は、簡単に取り組めて、挫折もしないで、

それでも確実に語彙力が伸ばせる単語の勉強法について

ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

■少ない単語をコンスタントに

 

単語の暗記に取り組むのであれば、

なるべく少ない数の単語をたくさん反復した方

が覚えるのが早くなります。

 

100個の単語を一気に取り組むよりも、

20個の単語を5回反復した方が記憶の定着は格段に上がります。

 

 

例えば、1か月に腕立て伏せを1000回やる場合でも、

1週間だけ頑張って残りの3週間サボるより、

50回を20日に分けてやった方が1か月後の効果はありますよね。

 

単語の勉強もこれに近いものがあって、

なるべくコンスタントに単語に触れる機会を作った方が記憶に定着しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

■短期間に何度も反復する

 

また、短い期間で何度も反復するということも大切ですね。

 

単語の勉強はしているけど、毎回違う単語を見ているという事ですと、

1つの単語に対する接触回数は少なくなってしまいます。

 

短い期間にたくさん触れる単語ほど覚えやすくなりますので、

少なくとも1か月に10回は同じ単語に触れるよう学習のペースを作るようにして下さい。

 

 

 

僕の場合ですと、1日に記憶したい単語はおおよそ30個くらいに決めていました。

 

少ないようにも思えますが、

30個くらいを1日に何度も反復すると、1日でかなり記憶に定着した状態になります。

 

それで、次の日にも新たに30個ほどの覚える単語を追加します。

 

トータルとしては、

前日の単語30個+当日の単語30個=60個の単語を反復することになります。

 

 

 

ですが、前日の30個はかなり記憶に残っていますので、

確認程度で大丈夫なのであまり負荷はかかりません。

 

主に取り組むのは当日の30個の方ですので、

前日分を確認程度に織り交ぜながら当日分も覚えていくという作業ですね。

 

 

 

さらにその翌日は新しい単語30個を追加します。

 

その日のトータルとしては

前々日の単語30個+前日の単語30個+当日の単語30個=90個の単語の反復になりますね。

 

 

 

ここまで来ると結構取り扱う単語も多くなりますが、

前述したとおり前々日の単語はほとんど覚えていますので、

気分的に負荷はまったく感じません。

 

もちろん前日の単語もある程度は覚えていますので、

注意して取り組むのは当日の30個だけですね。

 

 

 

さらにさらにその翌日は、初日の30個を切り捨てます。

 

このペースで続けていくと、

1日に暗記に取り組む単語は90個程度に抑えることができますので、

単語の暗記としてはちょうどいいボリューム感覚で続けていくことができます。

 

 

 

また、このペースですと復習にかける時間をかなり多めにとっているので、

それだけ記憶に定着しやすいという大きなメリットがあります。

 

 

 

取り扱う単語はむやみやたらに増やしてしまっても、

なかなか覚えることはできません。

 

 

 

1つの単語をなるべく数多く反復することで確実に記憶に定着していきやすくなりますので、

復習に力を入れた方がトータルでの効果は非常に高くなります

 

 

 

とは言え、1日30個ずつ覚える単語を増やしていけば、

1か月で900個(土日を除けば600個)の単語を覚えられるわけですからね。

 

 

いきなり900個の単語を覚えろと言われてもテンション下がりますが、

少ない数を少しずつ増やしていけば、案外このくらいの数はクリアできてしまいます。

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

1日たった30個を毎日追加していく方法ですと、

意外とストレスなく1か月で1000個近くの単語が覚えられますよね。

 

また、反復回数もかなり多めにとっているので、

ここで覚えた1000個の単語は非常に忘れにくくなっているという点も

とても大きなメリットです。

 

単語の暗記は、なるべく短い期間にたくさんの回数を反復することが非常に重要ですので、

まずは少ない数から始めていくと続けやすいですね。

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

■追伸

 

もちろん、実践するに当たっては単語カードを活用して下さいね。

 

単語カードは次々にカードをめくって単語の意味を確認していきますので、

1個の単語にかける時間は3秒程度です。

 

30個の単語であれば90秒(1分半)で1ターンできてしまう計算になります。

(多少の誤差はあると思いますが、2~3分あれば1周できるでしょう)

 

もちろん個人のペースに合わせて

反復回数を増やしたり、1日に取り扱う単語の数を増やしたりすれば

学習の効果はさらに高くなります。

 

たくさんの単語が覚えられるようになると

英語に触れるのがとても楽しくなりますので、

ぜひ楽しみながら続けて行ってくだいね^^

英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!