英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!

TOEIC500点未満の人に単語帳の学習をオススメしない理由(その2) | Just another WordPress site


テーマ:英単語

前回の記事
「TOEIC500点未満の人に単語帳の学習をオススメしない理由(その1)」では、
単語帳を買わなくても自分で単語の勉強ができる方法や
その理由について解説させて頂きました。

 

前回の記事を読んでいただければ、
・市販の単語帳を買わなくてもよい理由
・自分の力で語彙力を伸ばす方法
・効率的に単語の暗記をする方法
について知っていただけると思います。

 

 

今回もその続きのお話になりますが、
単語の正しい役割を知ることの大切さについてお話ししていきたいと思います。

 

「単語はある程度覚えたはずなのに、英文を正しく理解できない」
という経験がある方は、実は今回のお話の重要さに気付いていない可能性があります。

 

今後、語彙力を伸ばしていく為にもとても大切なポイントになりますので、
ぜひ今回の内容をお役にたてていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

■単語の役割を知っていなければ単語は上手に使えない

 

もしあなたがTOEICで500点未満のスコアでしたら、
前回の記事の内容に沿って単語の暗記をしていってほしいと思います。

 

復習になりますが、
英文の中でわからなかった単語だけをピックアップしていくことによって
「わからなかった」→「わかるようになった」の小さな感動を積み重ねながら
単語を覚えることができるので、とても記憶に残りやすいという内容でしたね。

 

さらに大きなメリットとして、
その方法を繰り返すことによって、文章の構造も自然と頭の中に刷り込まれていくという
効果が期待できます。

 

この「文章の構造を理解する」という事が非常に重要で、
この構造をある程度理解できると、一つ一つの単語も文章を構成するための一つの骨組みとして機能しているという事が徐々にわかるようになってきます。

 

なぜなら、単語には「意味」を持つ言葉であると同時に
「役割」としての機能を果たす言葉だからです。

 

 

 

 

 

 

 

■単語の「役割」とは?

 

単語は意味を知っておくことも大切なのですが、
役割を理解することも同じくらい重要になってきます。

 

ここで言う役割とは、「品詞」の事を言います。

 

品詞と言うとピンと来ないかもしれませんが、
品詞とは、名詞、動詞、形容詞、副詞、助動詞とかの
「○○詞」と呼ばれるものですね。

 

この「品詞」についても正しく理解していないと、
単語の意味は分かっているのになぜか文章全体の意味がわからないという
とても残念な結果になってしまいます。

 

例えばTOEICのPart5、6の問題では「品詞」について問われる問題が多く、
選択肢に

 

increase
increased
incresingly
increases

 

と並んでいる場合が非常に多です。

 

 

単語の原型のincrese=増えるという意味は分かっていても、
わずかに変化した4つの単語の違いが分からずに
必要以上に焦ってしまう事がよくあるんですね。

 

どれを選んでも一見正しいように思えてきますので、

結局あてずっぽうで解答することになり、多くの人がミスをしやすい問題になっています。

 

ですが、単語の「役割」を知っていればとても簡単に正解を選ぶことができます。

 

 

 

もちろんこれは問題の一例でしかありませんが、

通常の英文を聞いたり読んだりする時にも品詞を正しく理解しているかどうかで

英文全体の理解力、読解力は格段に差が付きます。

 

 

逆に意味と品詞を同時に覚えられるようにならないと
正しい単語の意味が分からなくなってしまいますので、せっかく暗記したのに本番で成果が出せなかったという残念な結果になってしまう可能性が高いのです。

 

 

 

ちなみに品詞を正しく理解するには「文法」を身に付ける必要がありますので、
また近いうちに「文法」の攻略についても随時解説していきたいと思います。

 

 

 

単語を正しく覚えるという事は、
「意味」と「役割」をセットで覚えた状態のことを言います。

 

まだTOEICのスコアがそれほど高くないうちは
あまり単語を覚える事だけに固着するのではなく、
色んな要素をバランスよくインプットしていくことを心がけましょう。

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

■追伸

ここ最近

「タバタ式トレーニング」にハマっています。

 

タバタ式トレーニングとは、

20秒のエクササイズ+10秒のインターバル×8セットの、

合計してたった4分のトレーニングです。

 

たった4分のトレーニングですが、20秒のエクササイズを死ぬ気で行うため

別名「地獄の4分間」とも言われています。

 

 

僕も初めてタバタ式トレーニングをやった日は

体中がバッキバキに筋肉痛になりました。

 

 

トレーニングのメニューはたくさんありますので

自分の運動能力に見合ったメニューを選択すればOKなのですが、

僕はわりと簡単なメニューを実践したのに、それでも呼吸が間に合わないくらい息は切れたし、

翌日は全身が筋肉痛で大変でした。。。

 

 

まぁそれくらいトレーニングの効果としては高いという事ですよね。

 

 

最近本当に体がたるんでヤバイので、

なるべくこのタバタ式トレーニングを続けて、恥ずかしくない程度の体系をキープしたいと思います。笑

英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!