英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!

単語をたくさん暗記しても意味がないってホント? | Just another WordPress site


テーマ:未分類

TOEICのテストを受けると必ず
「知らない単語があまりに多すぎる」という壁にぶち当たりますよね?

 

こうなると「とにかく単語を覚えまくってやる」という気持ちになり
ひたすら単語の暗記に突っ走る人は必ずいます。

 

確かにひたすら単語を暗記しまくってスコアが上がればいいのですが、
実際には思ったほどスコアが伸びないという結果に終わるパターンの方が多いです。

 

原因の一つとしては単語の暗記をやり切れない(途中で挫折してしまう)という場合がありますが、
もう一つの原因として単語を暗記することが目的となってしまっているという事が挙げられます。

 

単語の暗記を目的として何が悪いの?と思うかもしれませんが、
実際このやり方を続けていて一向にスコアが伸びないという状態になっている人が
僕の周りにいます。

 

一体なぜ、このような事になってしまうのでしょうか?

 

今回は、単語の暗記に関する間違った解釈について
詳しくお話ししていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

■単語を覚えることが目的ではない

 

単語の暗記を始めるとどうしても、

 

「いくつの単語が暗記できたか」
「いくつの単語を忘れてしまったか」

 

という判断基準で考えるようになります。

 

 

では、たくさんの単語が暗記できたら、それはあなたにとってのゴールになるでしょうか?

 

 

 

答えは「No」ですよね。

 

 

単語を暗記する目的はあくまで
「TOEICの点数を上げたい」とか「英会話ができるようになりたい」という
ゴールに向けての一つの戦略です。

 

ですが、この本来の目的を忘れ、
単語を暗記することが本来の目的にすり替わってしまっている人が非常に多いのが現状です。

 

 

 

 

 

 

■単語をひたすら覚え続けて起こった間違い

 

僕の会社の同僚にこの間違いを犯してしまっている人がいるのですが、
彼はヒマさえあればスマホのアプリで単語を覚える練習をしています。

 

コツコツ勉強を続けている成果もあって、
画面に出てくる単語を次々に言い当てる能力はメキメキと上達していきました。

 

英単語が出た瞬間に日本語の意味を言い当てるスピードがどんどん早くなっています。

 

 

 

でも、、、残念ながらTOEICの点数はなかなか上がりません。

 

 

 

彼の努力を否定したくありませんが、
やはり単語だけ覚えれば英文を理解できるという間違った認識で努力をしてしまっている
典型的な被害者だとも言えます。

 

 

単語の本来の役割とは、
適切な意味の単語が適切な場所に配置されることで英文を完成させることですよね?

 

単語をたくさん覚える事は間違いではありませんが、
最終的に英文を正しく理解するために単語を覚えるのだという目的意識は忘れないようにして下さい。

 

 

 

 

 

■市販の単語帳もあくまで目安として考える

 

おそらく、市販の単語帳(単語学習帳)のほとんどに
単語を覚えたか覚えていないかのチェックボックスがついていると思います。

 

もしあなたがそのチェックボックスに「覚えた」というチェックを入れたとしても、
それはその単語帳の中では記憶することができている状態である可能性が高いです。

 

 

ですが、TOEIC本番でその単語が出てきたときに
瞬時にその意味が思い出なくなり、文章の意味も把握することができなかったという
場面に出くわすこともあると思います。

 

そんな時、
「この単語は覚えたハズなのに、実践で活かすことができなかった」
と思ってしまうかもしれませんが、ガッカリすることは一切ありません。

 

 

単語帳の中でその単語を覚えた状態というのは、
あくまで一つの事例を覚えたという事でしかありません。

 

 

実際、単語と言うのはいろんな文章の色んな場面で様々な使われ方をしますので、

どんな場面で使われても正確に意味が把握できるようになって
始めてその単語を覚えたと確信できるという事ですね。

 

 

「せっかく覚えたのに思い出せなかった」と思った単語でも
いろんな文章を見たり聞いたりして、
何度もその単語に出くわす機会があれば自然と頭に刷り込まれていきます。

 

 

単語の学習は、”一回覚えたから終わり”ではありません。

 

どんな文章でもその単語の意味を正確に把握できたかという所を最終的なゴールに設定し
なるべくたくさんの文章に触れるようにして下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

英単語の暗記と言うのは

単純に単語の意味を覚えればよいだけの勉強と思われがちですが、

実は想像以上に奥が深く、続けるのが難しいものです。

 

 

途中で挫折しない為にも、単語を暗記する本来の目的を明確にすることで

単語の暗記に対する取り組み方やモチベーションも違ってきます。

 

 

「単語を覚え、最終的には英文を正しく理解できるようになる」という

本来の目的を見失わないよう、できる範囲で継続していってください。

 

 

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!