テーマ:Part2攻略

こんにちは!
佐藤です。

 

リスニングセクションのPart2では
問題文で質問を投げかけ、その答えとして適切な文を
選択するとう流れで出題されます。
(すべて音声のみで出題されます)

 

1つの問題文はとても短いですので、
リスニングの難易度としては比較的簡単な方ですね。

 

 

 

中には少し頭を使って選択肢を選ぶ必要のある問題もありますが、
基本的には「聞かれたことに素直に答えている」選択肢を選ぶことができれば
ほとんどの問題はクリアできます。

 

 

 

そして、ここで言う「聞かれたこと」というのは、
ほとんどが文頭で決まります

 

問題文の最初の言葉に質問の肝心な部分は集約されますので、
とりわけ文頭の言葉を正確に聞き取れるかがとても重要になってきますね。

 

 

 

とは言っても、それほど心配することはなく、
質問文にはある程度のパターンがありますので、
そのパターンを概ね聞き取れていれば簡単に正解を出すことができますので
安心してくださいね。

 

 

 

■基本は5W1H

 

あなたも、「5W1H」という言葉を
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

5W1Hとは
what、when、where、who、why、howの
各疑問詞の頭文字を取った総称です。
(最近ではビジネス用語としても使われますよね)

 

 

 

相手に何かを聞く時、特に具体的な内容を尋ねる場合には
ほとんどの場合この5W1Hが文頭に来ます

 

ですので、文の最初の疑問詞を聞き取ることができれば、
後は簡単に正解を選ぶことができるということですね。

 

 

 

例えば、以下のような問題。

 

Who requested the sales report?
(誰が売上げレポートを依頼しましたか)

A:The accounting manager.(会計部長です)
B:Because it was late.(遅れていたからです)
C:Yesterday morning.(昨日の朝です)

 

 

文章全体の意味はさておき、
文頭には5W1Hの中の「who」が入っていますよね?

 

この文章で質問されているのは「誰」に関することなので、
当然答えとしては「人」について語っている文章が正解となります。

 

上記の例文では「人」について語っているのは(A)だけですね。

 

他の選択肢を見てみると、
「理由」について語っていたり「時間」について語っているので、
質問に対する答えとしては的が外れているということがすぐにわかると思います。

 

 

 

リスニングセクションのPart2では文頭を聞くだけでわかる問題が
非常に多く出題されますので、もしリスニングに苦手意識を持っていましたら、
まずは文頭の5W1Hを正確に聞き取ることに最大限の注意を心がけてみてください。

 

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング


テーマ:Part2攻略

こんにちは!
佐藤です。

 

Part2の攻略のカギはなんと言っても
「文頭の疑問詞を正確に聞き取ること」
です。

 

Part2ではまず設問文で疑問や質問を投げかけ、
それに対して正しい答えを述べている文章を選択します。

 

当然ですが、
設問文を正しく聞き取り、理解できなければ
正解を選ぶことはできません。

 

ただし、ここで言う「正しく」というのは、
文章全体を正確に聞き取りなさいと言うわけではなく、
質問や疑問の核となる部分を必ず聞き取りましょうという意味になります。

 

 

 

 

例えば、以下のような問題が出題されたとしますね。
(こんな簡単な文章はTOEICでは出ません。汗)

 

W__ did you play soccer yesterday?

 

さて、もしあなたが下線部が聞き取れなかったとしたら

続けて流れる3つの応答文の中からどのようにして正解を選ぶことが

できるでしょうか?

 

 

A)After school.
B)Because I like it so much.
C)In the park near the school.

 

上記の応答文では、

Aは時間、Bは理由、Cでは場所を答えていますね。

 

もしあなたが下線部以降の文章
「did you play soccer yesterday(あなたは昨日サッカーをした)」
をどれだけ正確に聞き取れたとしても、
文頭の疑問詞を聞き逃してしまっては
結局正解を導き出すことが出来なくなってしまいます。

 

この疑問詞が”核”となる部分ということです。

 

もし下線部が「When」ならば
Aが正解となりますし、下線部が「Why」ならばB、
「Where」ならばCが正解となることは見てのとおりです。

 

 

 

上記の例文は簡単すぎますが、
それでも、文頭の疑問詞が正確に聞き取れていれば
後ろに続く文章は聞き取れなくても正解を出すことができます。

 

実際、この程度の問題はTOEICではめちゃくちゃたくさん出題されます。

 

 

 

さらに別の例文ですが、

Where will the farewell party for a former vice-president be held this weekend?

 

という問題が出された場合、
文頭の「Where(どこで)」が聞き取れていれば
あとは

 

「場所、場所、場所・・・」

 

と場所に関する音声にひたすら集中するだけで簡単に正解することが出来ます。

 

 

A)I think he will be the next vice-president.
B)At 10 o’clock, I guess.
C)In the central hotel.

 

上記の応答文の中では「場所」に関して述べているのは「C」ということになりますね。

 

 

 

どんなに長い英文でも文頭の疑問詞さえ聞き取れれば解ける問題はたくさんあるし、
逆にどんなに長い文章を聞き取れていても文頭の疑問詞を聞き逃してしまうと
結局正解を選べないという可能性は大いにあります。

 

リスニングの、特にPart2を攻略する場合には
とにかく文頭の疑問詞に最新の注意を払うことを
決して忘れないようにしてください。

 

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

■追伸

趣味も勉強も兼ねてですが、
僕は結構映画を見るのが好きです。

 

もちろん語学の勉強にもなりますし、
文化の違いや考え方の違い、生活の様子なんかも映画を通して
知ることができるので、映画というのは色んな意味で良い教材だと
思っています。

 

 

つい先日「死ぬまでにしたい10のこと」という映画を見たのですが、
ここ最近では久しぶりに出会えた”とても良い教材”となりましたね。

 

あくまで僕の感想ですが、
ストーリー的にはそれほど大きな起伏もなく
感動もない代わりにハラハラすることもなく
とてもリラックスして観ることができます。

 

 

でも、それよりも映画に釘付けになったのは、
「とにかく英語の発音がキレイで聞き取りやすい」
という部分でしたね!!

 

普段耳にしているTOEICの音声や教材のCDとは違い
ナマの英語なのですが、それにしても発音のキレイさと
とてもシンプルな文法で繰り広げられるセリフの数々は
本当に見ごたえ十分です。(教材として)

 

 

普段は部分的にしかセリフが聞き取れないという人でも、
この映画ならかなりの部分が聞き取れるかもしれませんので
もし興味がありましたらぜひ一度観てみてくださいね!!


テーマ:Part2攻略

こんにちは!
佐藤です。

 

リスニングセクションのPart2の問題の中で
特に初心者がやってしまうミスの大半が

 

『同じ言葉に釣られてしまう』

 

ということですね。

 

 

僕が教えている同僚にも
まったく同じミスを何度も何度も繰り返している人が
本当に多くて困っています。汗

 

TOEICや英語に慣れていないうちは
どうしてもリスニングに対して苦手意識があります。

 

そんな中で、問題文と設問文で
たまたま聞き取れた共通の単語を

反射的に正解と思ってしまうのですね。

 

これではTOEICの思うツボです。

 

TOEICではたくさんの引っ掛け問題を出題し、
本当に英文を聞き取れているか、
聞き取った英文を正しく理解しているかを判断しています。

(最近は行き過ぎている気もしますが・・・)

 

 

で、
共通の単語が出てきた問題の9割くらいは不正解となります。

 

ですので、ここは発想を逆にして、
問題文と設問文で同じ単語が出てきた場合は
絶対に選ばないということを徹底してみてください。

 

ただし、これはあくまでも初心者向けのテクニックですので、
ある程度英文の聞き取りの力が付いてきて
自分なりに聞き取りも英文の意味も理解できたと判断した場合は
その意思に従って解答するのは結構です。

 

 

ちなみに、
問題文と設問文の中に「同じ単語が聞き取れた」ということは、
ある意味実力が付いてきている証拠でもあります。

 

やはり人は何度も耳にする言葉や音は馴染みやすくなっていますので、
短い時間の中でその単語を認識する能力が養われたと言えます。

 

リスニングの練習って、案外そんなもんでして、
何度も何度も同じ言葉を繰り返し聞いていれば
自然と聞き取りの能力は向上していきます。

 

もちろんさらに効率を上げる練習方法もあるのですが、
まずは「単語が聞き取れた」という事実は成長の証として
喜んでもらって大丈夫です。

 

 

まぁ何はともあれ、
TOEIC Part2の問題では

 

『同じ言葉に釣られない』

 

ということを心がけてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

■追伸

最近は服を買う機会ももっぱら減ってきたのですが、
たまーに服を買うときは決まってユ○クロさんで購入します。

 

本当に色んな種類の服が揃うし、
値段はお手ごろだし、
セールに行けばさらに安くたくさん買えるし、
自分の中ではかなり神的な存在なんですよね。

 

ユ○クロがあれば生きていける。

 

そんなふうに思っていました。

 

 

が、
つい先日用事で近くのアウトレットモールに行って
久しぶりの衝撃を受けました。

 

まぁーオシャレな服がそこらじゅうで飾られていて、
久しぶりに買い物でテンションが上がりましたね↑↑↑

 

確かに価格的にはユ○クロに比べれば高くなりますが、
やっぱり楽しみながら服を買うっていうことは
値段以上の価値があるなと心の底から感じました。笑

 

 

安くたくさん買えるのも魅力ですが、
やっぱりたまにはお気に入りの1着を時間をかけて選ぶことも
すごい大事ですね。

 

かなり満足の買い物ができましたので、
この冬は楽しく乗り越えられそうです^^


テーマ:Part2攻略

こんにちは!
佐藤です。

 

今回はPart2の勉強で出てきた単語、成句をまとめました!

 

基本的にはTOEICで非常に良く使われるとても重要な単語、成句を集めましたが、
それ以外にも知っておくと便利なもの、いざという時に使えるとカッコいいものなど、
何かしら役に立ちそうなものも合わせて紹介していますので、
参考にしていただければと思います♪

 

 

 

 

why don’t we~?:~するのはどうですか?
「(一緒に)~しませんか?」という提案の形の
もっともポピュラーな形ですね。
TOEICでは、
この提案を受ける場合は「Sounds good」のような定型文で、
提案を受けない場合はその理由を述べている文が正解となります。

 

 

try out:試す

 

 

boulevard:大通り
「道」を示すほかの単語としては「street」や「avenue」などがあります。
若干のニュアンスの違いはありますが、TOEICに関して言えば「道」や「通り」
という程度の認識で問題ありません。

 

 

develop:現像する
基本的に「develop:開発、発展」として使われる場合がほとんどですが、
このように”変化球的に”使われる場合も無きにしも非ずですので、
このような変化球的な使われ方をする単語はしっかり覚えておきましょう。

 

 

film:フィルム
こちらも、基本的には「映画」という意味で使われる場合がほとんどですが、
「develop」とセットで出てきた場合には
「現像する+フィルム=写真の現像のことを話しているんだ!」と推測することができます。

 

 

within:以内に

 

 

unexpected:予期せぬ

 

 

development:展開

 

 

rural:田舎

 

 

urban:都会

 

 

confirm:確認する

 

 

appointment:約束

 

 

Either would be just fine:どちらでも結構です
相手の提案に対して「どちらでも構いませんよ」と答える場合の
定型文です。
とても丁寧な言い方ですので、覚えておくといざという時に返答も
スマートにできるかもしれませんね^^

 

 

mail(動詞):メールを送る
「メール」と聞くと名詞の方を思い浮かべがちですが、
動詞として使われる場合にはこの一言で「メールを送る」という表現を
することができます。

 

 

How come~?:なぜ~?
「なぜ~?」と聞くと真っ先に「why」という単語が思い浮かびますが、
「How come~?」も同様の意味を持ちますので、しっかりと覚えて置いてください。
※TOEICでは非常に頻繁に出没します。

 

ちなみに、「Why」を使う場合と「How come」を使う場合では
後ろに続く文章の形が変わりますので注意してください。

 

●Why~?場合・・・疑問文
例)Why are you so tired?

 

●How come~?の場合・・・肯定文
例)How come you are so tired?

 

上記の例文はどちらも意味は同じなのですが、
疑問詞の後ろの文章が疑問文の形を取っているのと肯定文の形を取っていること
注意してくださいね。

 

 

relatives:親戚

 

 

pick ○○ up:○○を迎えに行く
○○の部分には主に「人」が入ります。
例)I’ll pick you up at 3 pm.
午後3時にあなたを迎えに行きます。

 

 

expect:予期する、期待する

 

 

grab a cup of coffee:(手早く)コーヒーを入れる
「同じ表現が次のTOEICでも出るのかな・・・?」と思うことはありますが、
勉強していて気になった表現があったら積極的に暗記の対象に入れましょう。笑

 

 

what do you say~?:~するのはどうですか?
こちらも、提案の形の定型文ですね。
基本的には「Why don’t we~?」の形のほうがポピュラーなのは間違いないのですが、
TOEICではこうしたちょっと”変化球”的な形も非常によく使われますので、
選り好みはせずしっかりと覚えておきましょう。

 

 

 

 

今回ご紹介した単語、成句は(一部の変化球を除いて)本当に
頻繁に使われるものばかりです。

何度も目にして、耳にして、口にして、
考えなくても意味がわかるくらいしっかり頭に叩き込んで置いてくださいね!♪

 

 

 

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

■追伸

TOEICの練習問題をしていると

たくさんの知らない単語に出くわすと思います。

 

 

知らない単語はもちろん覚える努力をするのですが、

単語の意味を調べてその意味がわかったら

必ず一度は問題文の確認をしてください。

 

 

単語の意味がわかった状態で実際の問題文の意味がわかるようになれば、

調べた単語に対する理解度はさらに上がります。

 

 

単語の意味を調べることで満足してしまうと、

次にその単語に出くわしたときにパッと思い出せないなんてことも良くありますので、

単語の理解→文章の理解、単語の理解→文章の理解というように、

最終的には英文を正しく理解できる状態を作ることを常に心がけてくださいね。

英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!