テーマ:お役立ち

タこんにちは!
佐藤です。

 

映画を観ていて、
「この時なんて言ったんだろう?」と確認したい時ってありますよね?

 

セリフの1つや2つでしたら字幕を切り替えればすぐに確認できますが、
せっかくその映画の英語に興味を持ったのであれば、
その程度で終わらせていては非常にもったいないです。

 

 

 

僕は映画を観ていて、
「この作品は英語学習に向いているな」と思ったときには、
インターネットで台本を探します。

 

台本を見ればいちいち字幕の切り替えはしなくていいし、
興味を持っていなかったセリフに対しても興味が沸いてきますので
結果的にすごくたくさんの英語をインプットすることができます。

 

 

 

台本を探す際には
「○○○ script」で検索すると見つかります。
※○○○には映画のタイトルを入れます

 

注意して欲しいのは、
映画のタイトルは原作のタイトルを入れるようにしてください。

 

邦題を入れてしまうと、日本語の台本の検索になってしまいますからね。

 

 

 

例えば、僕が以前に「アナと雪の女王」で英語の勉強をしていましたが、
この、「アナと雪の女王」は日本向けにタイトルを書き換えられていますので
このタイトルで検索しても英語の台本は出てきません。

 

「アナと雪の女王」の原作は「FROZEN」というタイトルですので、
台本を探すときは「FROZEN script」で検索をしたら見つけることができました。

 

映画のタイトルも
インターネットで検索すれば必ず見つかりますので、
まずは原作の名前から探してくださいね。

 

 

 

無事に台本が見つかりましたら、
次はその台本を紙に印刷しておきましょう。

 

そうすることで、
わからない単語があった場合に調べて書き残すことができますし、
和訳なども自分なりに解釈して書き込むことができます。

 

一気に全部の台本を印刷するとすごいページ数になってしまうので、
チャプターごとに分けるなどしてページ数を調整するといいですね。

 

 

 

ちなみに、webページがちょうどいいサイズに印刷できない場合は、
いったん台本の部分だけをコピーしてワードやメモ帳に貼り付けると
後々印刷のサイズなどを調整しやすくなります。

 

コピーする時はショートカットキーの「Ctrl+A」で全文選択してから
コピーするととても早くコピー&ペーストすることができます。

 

 

 

僕は今度は「死ぬまでにやりたい10のこと」を題材にして
映画で英語の勉強にチャレンジしてみようと思っています。

 

こちらの作品の原作の名前は「My life withou me」というタイトルだったので、
「My life withou me script」で検索したらちゃんと台本が出てきました。

 

この作品は全体を通して非常に英語が聞き取りやすく、
文法レベル的にも非常に取り掛かりやすいレベルでしたので
もし興味がありましたら一度検索してみてください。

 

 

 

映画で英語の勉強は本当に生きた英語に触れるとてもいい方法ですので、
TOEICの勉強に少し飽きてきたら気晴らし程度にチャレンジしてみてくださいね^^

 

 

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

■追伸

せっかくですので、先ほど紹介した
「アナと雪の女王」と「死ぬまでにしたい10のこと」の
台本が載っているサイトを掲載しておきますね。

 

 

アナと雪の情報

 

 

死ぬまでにしたい10のこと


テーマ:お役立ち

こんにちは!
佐藤です。

 

改めて感じるのですが、
TOEICのPart1は英会話の習得を志す人にとっては
最高のスタート地点だと思います。

 

Part1の出題形式として、
1枚の写真に対して、その写真の状況を説明する
4つの英文が読み上げられます。

 

もちろん4つの英文のうち3つは間違いなのですが、
これはあくまで写真に対して適切な説明をしていないというだけであって、
英文としてはどれも正しい英文を使用しています。

 

 

要するに、
写真にマッチしているかどうかは別として、
文章としては誤りのない正しい英文が使用されるということです。

 

 

しかもPart1では内容が端的で非常にシンプルですので、
理解するのにそれほど苦労はありません。

 

それでいてとても簡単な表現で文章がまとめられていますので、
このテクニックを応用すれば、日常のあらゆる場面を英文で表現する能力が
身に付くことになります。

 

 

例えば、
以下のような問題があったとします。

 

 

 

A)The woman is handing the man some documents.
B)The woman is inputing the data for man.
C)The woman is holding a pen on her right hand.
D)The woman is talking with her customers.

 

 

もちろん正解はC)なのですが、
そのほかの選択肢も、文法的には間違っていないですので、
もし似たような状況が日常生活で起きているときに
若干の単語を入れ替えることで状況を説明する事ができるようになりますよね。

 

上記のような例題をしっかりと理解すれば、
現在進行形の文章を作ること、現在進行形の文章を使って
英語で状況説明をすることが簡単にできるようになります。

 

 

 

ためしに少し状況説明をしてみましょうか。

 

あなたは下の写真を見てどんな状況説明が出来ますか?

 

 

 

すごくシンプルな回答ですが、
僕だったらこんなことが説明できると思います。

 

The woman is facing the man.
The woman is wearing a white sweater.
The woman is ordering.
The woman is seated on the brown chair.
The man is smiling.

 

まぁ内容的には簡単ですが、
ざっとこんな感じで状況説明をすることができますよね。

 

 

この程度の文法であればPart1で出てくるレベルで十分通用しますので、
Part1に出てくる問題がしっかり理解できればこれくらいのことは
簡単にできるようになります。

 

長い文章、難しい英文も結局はこれくらいシンプルな英文に
余分な情報が山ほどくっついているだけです。

 

英文を理解する、英文が聞き取れるようになれる、
英文を組み立てられるようになる最初の一歩は
これくらい難易度の低いところから始めるのが理想的ですね。

 

 

そういう意味でもTOEICのPart1の英文は
しっかりと理解する価値は十分にあります。

 

せっかくTOEICに励むのであれば、
ただ単に正解or不正解だけで英文を見るのではなく
英文の構造を理解するくらいの気持ちで取り組むことが
望ましいですね。

 

 

Part1ですら日常で使える英語表現が満載です。

 

 

正解であろうと不正解であろうと、

日常で使えそうな表現を覚えたらどんどんインプットしていきましょうね!!

 

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

■追伸

僕も職場でたまに

「英語でしゃべる時間」を作って積極的に英語で話しかけるのですが、

 

そのときはまるでお葬式かのように空気が静まり返ります。汗

 

「少しでも英語に慣れ親しんでもらいたい」という

僕の心優しい気遣いなのですが、

やはり普段からしゃべる練習をしていない人にとっては

イキナリ英語でしゃべれと言われても無理があるみたいですね^^;

 

 

まぁ、無理してしゃべらなくても

ちゃんと英語の勉強を続けていればTOEICのスコアは間違いなく上がりますので、

ヘンな強要はやめて正攻法で指導していきたいと思います。


テーマ:お役立ち

こんにちは!
佐藤です。

 

 

僕が教えている生徒(同僚)でも、
やはり最初は全員すごくやる気が高くて、参加率も非常に高かったのですが、
後半になってくるとチラホラと遅れ気味になる人が増え、
次第にフェードアウトしていく人も少なくはなかったです。

 

 

やり始めって新鮮な気持ちで取り組みやすいのですが、
少し気を緩めてしまうとズルズルと後退していってしまいがちです。

 

 

 

逆に、少しもペースを落とすことなく学習を継続し、
学習量に応じた結果を出す人ももちろんいます。

 

 

そのように目標を達成できた人の最大の特徴は

「具体的な目標を持っている」

という事がわかりました。

 

 

実は僕が英語を教えているほとんどの人が
「今より少しでもTOEICの点数を上げたい」という考えで
英語の学習に取り組んでいました。

 

 

このような目標では、実際に自分が取りたい点数がわかっていないので、
どの程度頑張ればいいのか、
どの部分に注力すればいいのか、
そういった調整すらすることができずに結局のところ自己満足の学習しかできていないという事になってしまっていたんですね。

 

 

目標が具体的でないと、学習を具体的に設定することもできません。

 

 

目標を曖昧にしてしまうと、学習内容も曖昧になりますし、学習ペースも曖昧になり、
結果を出す人の行動とはかけ離れた行動をとってしまうことになります。

 

 

目標が具体的に設定できている人は
「今週はここまでやらないとヤバい」「今月末までにここまでやっておきたい」という
学習プランに至るまで具体的に把握しています。

 

 

学習プランが具体的になっていると、
自分の今の進み具合が良いか悪いかが一目でわかりますので、
目標に近づいているのかそうでないのかを自分自身が認識するためにも
非常に役に立ちます。

 

 

 

 

実際、僕自身も昔はただ漠然と
「英会話が話せるようになりたい」
という事だけを思いながら勉強をしていた時期がありました。

 

 

当時はそれなりに自分自身が頑張っている感覚はありましたが、
「今やっていることは正しいのかな?」「自分の英語力は上がっているのかな?」と
漠然と不安になることが多々ありました。

 

 

結局自分の目指す姿がイメージできていなかったために、
どこに向かっているのかもわからない状態のまま
英語をなんとなく勉強してしまっていたんですね。

 

 

 

しかし、英語力を上げるためにTOEICを受験するようになって、
学習の質は一気に変化しました。

 

 

 

ちなみに僕の会社では社内でTOEICが受験できるシステムがあり、
年に3回(春、秋、冬)社割で受験することができます。

 

 

僕はその時、
・受験するたびに100点アップ
・800点取るまで受験する
という具体的な目標を決めました。

 

 

僕自身「目標を具体的にしよう」と考えてはいなかったのですが、
TOEICというテストの性質上、実力を数値化して表してくれるので
そのおかげで自然と目標を具体的に設定することができました。

 

 

 

1年に3回という事は、1回ごとの学習期間は4か月。

 

 

4か月の間に100点アップする学習をする必要がありますので、
ムダな勉強やサボっている時間はどこにもありません。

 

 

今の自分に足りない能力、伸ばすべき分野、そのための勉強時間の確保、
とにかく4か月の間に目標点数を取る必要があるので
一つ一つを具体的に決めて、確実に学習を続けることができました。

 

 

 

ここまではあくまで僕が実践してきた例ですが、
他にも

 

勉強場所を具体的に決める
勉強時間を具体的に決める
勉強する教材を具体的に決める
ページ数を具体的に決める

 

などなど、
勉強をする上で具体的に決められる事ってとてもたくさんあると思います。

 

 

やる事が明確なほど精神的にも行動しやすくなりますので、
まずはあなたがやるべき事を一つ一つ具体的に決めてから実践に移すといいですね。

 

 

 

「なんとなく」勉強を続けていると、いつの間にか目標や目的を見失ってしまいがちです。

 

 

とにかく目標や目的は具体的に決めて、
自分の学習を目指す姿に自ら近づけていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

■追伸

 

最近はトレーニング(仕事)で日本に来ているアメリカ人と過ごす機会が非常に多いです。

 

 

やっぱりリアル英会話は楽しいですね。

 

 

相手の言っていることが理解できたり、

自分の発言が理解してもらえた時には何とも言えない満足感があります。

 

 

また、自分の同僚はまだまだ英語が話せるレベルではないので、

英語が話せない日本人の中で自分だけ英語で外国人と話しているという環境には

優越感すら得られます^^

 

 

 

最近一番メリットを感じるのは、

「英語では普通コレをなんて言うの?」と直接ネイティブに聞くことができるという事ですね!

 

 

仕事で使う英語から日常生活で使える表現まで、

ネイティブスピーカーが普段使っている表現をそのままインプットすることができます。

 

 

 

教科書には書いていないようなことも色々聞けるので、

毎日楽しく勉強させてもらっています♪


テーマ:お役立ち

こんにちは!
佐藤です。

 

基本的に英語の歌を勉強の題材にするのはあまりオススメしていません。

 

歌の歌詞というのは、
少し日常離れした言葉や表現を恥ずかしげもなく使用されることが
非常に多いですので、歌詞で覚えた言い回しをそのまま日常生活に
応用できることはあまりありません。

 

また、メロディーにうまく収まるよう
語数を調整したような言葉もありますので、
日常会話で役立つ言い回しや表現とはかけ離れているということも
少なからずありますからね。

 

 

歌詞で英語をマスターしよう!というのは
最初のうちはやめておいた方がいいでしょうね。

 

 

ただし、
意味はともかくリスニングに関しては
オススメになる題材もあります。

 

キレイな発音、丁寧な発音は聞いてて心地いいですし、
音楽に乗せてきれいな発音が身につくのであれば
願ったり叶ったりですからね。

 

 

 

という事で、
今回は個人的に発音の勉強になるなーと思う洋楽のTOP3を
紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

●応援クリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

■第3位

 

Taylor Swift「We are never ever getting back together」

 

おそらく誰もが一度は聞いたことがある曲だと思います。
歌詞の意味を理解するのは少し難しいですが、
発音がすごくクリアなので、心地いい聞きごたえがあります。

 

部分的に英語が連発するので正確に聞き取るのは難しいですが、
英語特有の単語と単語のつながりの音(チャンク)の感じや
アクセントの置き方がとても模範的です。

 

 

 

 

■第2位

 

Avril Lavigne「Hot」

 

3rdアルバムに収録されている曲で、
全体的に短い文を繋げて繋げて一曲に仕上げているので、
意味や発音がブロック単位で聞き分けられて
わりと理解しやすい曲になっていると思います。

 

Avril Lavineの英語は発音がとてもキレイですし、
かと言って教科書のようなワザとらしさもないので
マネできたらすごくかっこいい英語が喋れるようになると思います。

 

曲中に出てくる歌詞「I wanna drive you into the corner」
という部分がありますが、この「corner」の”r”の発音は絶品です。

 

このAvrilの「corner」が正確にマネできたら、
英語の発音に関しては一流と言っていいでしょう。

 

 

 

 

 

■第1位

 

Britney Spears「Baby,one more time」

 

とにかく英語がゆっくりで、聞き取りやすいです。

 

意味を理解するには少し掴みづらいニュアンスが入ってたりして
ちょっと難しい部分もあるかもしれませんが、
歌詞を見ながら聞く分には十分発音についていけるレベルだと思います。

 

この曲はPVを見ると非常によく分かりますが、
“T”や”P”を発音するときの破裂音や、”L”を発音する時の巻き舌具合など、
ネイティブが英語を発音する時にどれほど口や唇の動きをしなやかにして
あの発音を完成させているかが目に見えてわかります。

 

少し発音についていけるなーと思ったら、
PVを見てみて、口の動きに注意してみて、
どういう風にしてその発音が完成されているのかを
確認してみるといいですね。

 

 

 

 

 

ということで、
基本的には発音が参考になるTOP3でした!!

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

■追伸

 

ご紹介させて頂いた曲は全部女性シンガーの曲でしたね。

 

僕の印象としては女性の方が正しい発音、正確な発音を心がけてるのかな?
と思うことが多いです。

 

 

ちなみに僕は洋楽の特にロックが好きなのですが、
発音のお手本になるような曲はロックではなかなかないですね・・・

 

エアロスミスとか好きなんですが、
歌詞を見ていてもその通りに聞こえない単語なんて
しょっちゅうあります。

 

逆に、「そんな発音するんだ?!」ってゆう
発見をすることもありますけどね。笑

 

 

ちなみに男性シンガーではBon Joviなんかは
比較的発音がキレイな方だと思います。

 

有名なところですと「It’s my life」がありますが、
この曲も歌詞はゆっくりめに発音されていますので、
聴きやすいと思いますよ。

 

 

ぜひ一度発音に注意して色々聴いてみてください^^


テーマ:お役立ち

こんにちは!
佐藤です。

 

英語を勉強したい気持ちは強いのに、家に帰るとなぜか勉強が始められないという悩みを持つ人って多いですよね。

 

 

仕事をしている時は「今日は帰ったらめちゃくちゃ勉強するぞ!」と意気込んでいたのに、
家に帰るとリラックスしすぎてしまって、ついつい「今日は疲れたし、明日また頑張ろう」と先送りにしてしまい、いつしかそれが癖になってしまう。。。

 

これが続くと、サボってしまった自分に罪悪感を感じるようになり、早く挽回しなければと気持ちばかりが焦ってしまいます。

 

 

「勉強しなきゃ」という気持ちが余計に自分にプレッシャーをかけてしまうんですよね。

 

 

案外マジメな人ほどこういったスランプに陥る傾向が強いです。

 

ですが、仕事をしながら英語の勉強をするこは想像以上に難しいというのもまた事実です。

 

 

とは言っても、やっぱり「TOEICで高得点を取りたい」、「自由に英会話ができるようになりたい」という夢や憧れを捨てることはできませんよね?

 

ですので、今回はそんな「やる気はあるのに勉強が始められない」という悩みに効く、
簡単に勉強が始められる方法をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

■勉強するのではなく、「手を付ける」

 

あまり「勉強しよう」という気持ちが強くなり過ぎると、ある時から「勉強をしなければならない」という義務感に変わる瞬間があります。

 

 

よく言われるのが、子供の頃勉強しようとした瞬間に母親に「勉強しなさい」と言われ、一気にやる気がなくなるというお話がありますが、これと似たような状態で、「英語を勉強しなければならない」という気持ちになった瞬間にやる気が一気になくなってしまいます。

 

どうしても人って、やらされ感を感じてしまうとそれに抵抗したくなるんですよね。

 

 

ですが、そうは言っても結局は勉強はしなければいけません。

 

そういう時は少し発想を変えて、「勉強する」のではなく、「ひとまず手を付ける」という事を一つのゴールに設定しましょう。

 

 

やる事は非常にシンプルな事で大丈夫です。

 

・机に座ってみる
・本を開いてみる
・英語のアプリを開いてみる

 

なんでも結構です。

 

 

この時、「勉強しよう」という感情はジャマになりますので捨ててください。

 

ただ単純に、本を開く。

たったこれだけの行動にフォーカスするようにして下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

■作業興奮で集中力は勝手に倍増

 

不思議なことに、「手を付ける」を達成した後というのは、すでに勉強しやすい状態になっています。

 

 

たとえば「本を開く」という行動を選択したのであれば、本を開いた時に文字が眼に入ってきますよね?

 

文字が眼に入れば、今日勉強するページを自然と探すという行動に移ります。

 

今日勉強するページを見つけると、とりあえずザーと内容に目を通すようになります。

 

 

このように、カンタンにできるステップをこなすと、次のステップに移行するのもとてもカンタンになります。

 

 

この状態を「作業興奮」と言います。

 

 

「作業興奮」とは、あまり頭で意識していなかった事でも、実際に作業をすることによって脳からドーパミンが分泌され、その作業に対して徐々に集中力が高まっていきます。

 

 

要するに、何気なく始めた作業がいつの間にか集中力を持って行う作業に切り替わるという事ですね。

 

 

大事なことは、勝手に集中力が上がるという事。

 

 

「勉強しなきゃ」と思っているうちはなかなか集中力が出せないけど、なんとなーく手を付けた行動には勝手に集中力が付いてきてくれるイメージですね。

 

やる気を出そうと思ってる時より、カンタンな事をしている時の方がやる気は高い状態になります。

 

 

そもそも”やる気”というのは、作業中に発揮してこそ効果がありますよね?

 

どんなにやる気の高い状態でも、まったく違う事をしている時にやる気を出したって何の意味もありません。

 

やる気を出すには「とりあえず手を付けてみる」という方法が一番カンタンに実践できます。

 

 

 

 

 

もちろんやる気があって、すぐに勉強が始められるのであれば何の問題もありません。

 

ですが、精神的にも、肉体的にも疲れている中で、気持ちやモチベーションの浮き沈みも激しい中で確実に一定量の勉強をすることは簡単な事ではありません。

 

あまり無理しすぎも良くないので、まずは「手を付けてみる」という行動を実践してみて、自分の体ややる気が付いてきてくれるようであれば、その気持ちに従って勉強をしてみてください^^

 

 

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

■追伸

僕はこの「作業興奮」を仕事にも応用しています。

 

例えばプレゼン資料を作る時なんかは、どんな順番でストーリーを組み立てようか、どんなデータが必要になるのか、グラフは円がいいのか棒がいいのかなど、考えれば考えるほど頭の中の整理がつかなくなってきます。

 

すると、だんだんと考えるのが嫌になってきて、考える事すら面倒になってきます。

 

 

そんな時の対処法として、僕はまず下書きを書くようにしています。

 

雑で、ヘタで、内容ぐちゃぐちゃでもいいので、とにかく下書きを書きます。

 

 

下書きを書いていると、ぼんやりとストーリーが見えてきたり、必要なデータが分かるようになってきたり、全体のデザインやテーマがイメージできるようになってきます。

 

 

この時いつも気を付けてるのは、雑で、ヘタで、内容ぐちゃぐちゃでいいと開き直る事。

 

 

開き直ってる時の方が頭の中身が素直に表せるんですよね。

(逆に、いいものを作ろうとカッコつけてる時はアイディアが浮かんできません。汗)

 

 

とりあえず何でもかんでもハードルを下げてみると、案外スムーズに動き出すことがよくあります。

 

 

もちろん英語の勉強の時は特に有効ですので、一度ダマされたと思って試してみてくださいね♪


テーマ:お役立ち

こんにちは!
佐藤です。

 

あなたは、「英語の勉強をやる気になってる時は勉強がはかどるのに、日が経つにつれてやらなくなってしまう・・・」という経験がありませんか?

 

いわゆる3日坊主というやつですね。

 

ほとんどの人が同じように、
最初は勢いがあるが、次第に勢いがなくなっていき、だんだんと英語に対するモチベーションも下がってくるという経験をしています。

 

どんなにやる気に満ち溢れている人でも、このようなスランプに陥ることはありますからね。

 

 

ですが、あまりくよくよ考えていても前には進めません。

 

ではどうしたら、モチベーションを下げずに学習を継続できるようになるでしょうか?

 

今回お話ししたいのは、3日坊主を逆手に取り、成功を導く為に利用してしまう方法についてです。

 

勉強したい気持ちはすごくあるのに、続けられなくて困っているという方は是非参考にしていただけたらと思います^^

 

 

 

 

 

 

■3日続けば立派な成果

 

ほとんどの人が「3日坊主」という言葉にネガティブなイメージを持っていると思いますが、僕はこの「3日坊主」という事は決して悪い事ではないと考えています。

 

そもそも、英語を勉強する人にとって3日も学習が継続すること自体、素晴らしい事だと思っていますからね。

 

 

もちろん、たった3日勉強しただけで何かの成果が出るわけではありませんが、まずは3日続けるという事を目標にすることが全然アリだし、もし3日続いたのであればその努力を素直に褒めてあげる事がとても重要だと思います。

 

もし「3日坊主」を全面的に受け入れるのであれば、やる気のある時だけ頑張ったという事でもとても大きな前進ですよね。

 

3日分は前進したという事ですからね。

 

 

やる気のある時に3日間頑張ったって、とても素晴らしいじゃないですか。

 

3日も勉強が続いたら負け組から抜けられたと自信を持ってください。

 

 

 

 

 

 

 

■3日が10回続けば1か月分の学習量に相当する

 

その通りですね。

 

もちろん毎日英語を勉強していれば、1か月で30日の勉強時間をクリアしたことになります。

 

「そうでもしなきゃ英語で成果なんて出せないよ」と考えるかもしれませんが、毎日欠かさず英語を勉強するという行為は、想像以上にハードルの高い挑戦です。

 

 

もし”毎日”という事にストイックになりすぎてしまうと、何かのイレギュラーで勉強できなかった日が出来てしまった場合にとても大きなストレスになってしまいますからね。

 

ここで受けたストレスがあまりにも大きすぎて、「やっぱり自分はダメなんだ・・・」とネガティブに考えるようになってしまうと、その方がダメージとしては深刻です。

 

 

高すぎるノルマが逆に自分を苦しめてしまい、最悪の場合、勉強そのものを挫折してしまうかもしれませんからね。

 

短い期間で狙った成果が出せることは素晴らしい事ですが、そんなに簡単に成果が出せるほど英語は簡単ではありません。

 

 

だからこそ、少しずつでも目標に向かうために”継続していく”という事が非常に重要になってくるわけです。

 

1か月分の勉強を
2か月かかったって

大切なのは半年後、1年後、さらにはもっと先の大きな目標を達成するために、勉強を続けていくことです。

 

挫折するくらいなら自分を甘やかしましょう。

 

続けていれば、必ず実力はついてきますし、次第に少ない時間で大きな学習効果を生み出せるようにもなってきます。

 

 

 

 

特に初心者のうちはあまり気負いせず、自分にとって継続しやすいペースを見つけることを優先的に考えてみてください。

 

3日坊主は決して悪い事ではありません。

 

ぜひ3日坊主を何度も繰り返し、自然に英語を習慣化できるように工夫していってください^^

 

 

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

■追伸

先日近くの家電量販店に買い物に行ったのですが、

なんとなく気になっていた電子辞書をチラッと見てきました。

 

ビックリしてしまったのですが、

イマドキの電子辞書ってめちゃくちゃ高いんですね!汗

 

 

てっきり2万円くらい出せば結構いいものが買えると思っていたのですが、

商品を見てみるとほとんどが3万円越えのものばかりでした。

 

 

まぁ今のところ電子辞書に頼らなくてもケータイやパソコンで単語を程度で困っていませんので、とりあえず今回は購入を見送ることにしました。汗

 

 

Amazonとか中古で買えばもっと安く手に入るかな?

 

いろいろと検討してみます。


テーマ:お役立ち

こんにちは!
佐藤です。

 

英語を毎日勉強していても、時々
「自分はちゃんと成長できてるのかな?」と心配になる時って必ずありますよね。

 

 

練習問題を解いていてもなかなか正解数が伸びなかったり、
リスニングの練習をしていても聞き取れてる実感が得られなかったり。

 

勉強している時って、自分の成長に疑問を持つ時が誰にでもあると思います。

 

 

ですが、基本的に学習を続けていれば、必ず成長しています。
昨日より少しでも学習が進んでいるのであれば、あなたの努力は正しいと自信を持ちましょう。

 

 

もし今、あなたが自分の学習に多少の不安や疑問を持っているようでしたら、
今回の記事が少しでもあなたを勇気づけるキッカケになってくれたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

■後ろを振り返れば、自分の成長は実感できる

 

例えばあなたが200ページの問題集に取り組んでいたとします。

 

仮に1日に5ページしか進んでいないとしても、
次の日には10ページ、その次の日には15ページと、確実に終わりに向けて前進していることが分かりますよね。

 

 

僕自身も経験がありますが、あまりにボリュームの多い問題集に取り組んでいる時は、最初の頃は本当に嫌な気持ちになります。

 

残りのページ数を見ては、「まだこんなにやらないといけないのか・・・」と、とてもテンションが下がります。

 

でも諦めずに続けていれば、学習を終えたページがだんだんと増えていきますよね。

 

 

日ごとに終わったページを振り返ると、「もうこんなところまで進んだのか!よし、この調子で続けていけば終わりもすぐに見えてくるな!」と、ある時を境にとても自信が湧いてくるようになります。

 

ですので、先を見て「まだこんなにやることがあるのか・・・」とテンションが下がる時は、ぜひ後ろを見て「ここまでやってきたんだ」と自信を持ちましょう。

 

 

終わったページが数が5ページ、10ページと進んでいる過程を見れば、自分が前進している様子を数字として実感することができます。

 

1日ったの5ページ。
5日やれば25ページ。
たった1週間でも4分の1も終わらせたことになりますね。

 

 

「チリも積もれば」と言いますが、少しずつでも進んでいればその効果は積みあがっていきます。

 

自分では「ちょっと少ないかも」と思える量でいいですので、その量をまずは1週間続けてみてください。

 

必ず成長を実感できますよ。

 

 

 

 

 

 

 

■大切なことは、継続すること

 

自分の勉強に自信が持てないと、途中で挫折をしてしまう事もあります。

 

 

最初の頃はやる気マンマンだったのに、自分の学習のペースにだんだんと不安を感じ、そのうち学習から離れてしまう・・・

 

一番ダメなパターンの典型ですね。

 

 

最初から高い目標、高い負荷をかけてしまうと、後々自分の首を絞めてしまう事もありますので、まずは継続することを意識して学習するようにしましょう。

 

 

継続するためには、1回の負荷を下げてしまうという事も非常に有効です。

 

「1日20ページやって、10日でこの問題集を終わらせるぞ!」と気合を入れるのはいいのですが、思ったほど進まなかったり、うまく時間が取れなくて1日20ページのノルマを達成できなくなってくると、だんだんをモチベーションを下がってきてしまいます。

 

 

特に初心者のうちは、自分が学習できる時間やペース配分を考慮して、確実にやり切れる学習プランを立てることが大事です。

 

無理しなくても、少し頑張れば達成できるノルマがいいですね。

 

 

ちなみに僕が教えている生徒(同僚)には、
「最低でも1日1回はテキストを開こう」と言っています。

 

極端にノルマを下げ過ぎにも思われるかもしれませんが、これまで英語の学習の習慣がついていない人にとって「1日20問の問題を解け」とかノルマを出しても、絶対に途中で挫折することは目に見えてますからね。

 

 

確実に「これくらいならできそうじゃん」と思えるノルマを与えて、英語に触れることが習慣化することを心がけてきました。

 

不思議なもので、このように軽いノルマを与えることによって、生徒さん自ら少し高いノルマにチャレンジしようとしてくれる人も出てくるんですよね。

 

 

”継続”さえできていれば、学習のペースはいくらでも自分でアレンジすることができます。

 

 

挫折してしまうくらいなら、いま設定しているノルマを一旦グーンと下げてしまって、毎日確実に前進できるボリュームに最適化してみてください。

 

継続していれば、必ず英語で成果を出すことはできますからね^^

 

 

 

 

 

 

 

●今回の記事がお役に立ちましたら下のブログランキングをクリックして頂けると嬉しいです♪


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

■追伸

今日は待ちに待った息子のこども園の運動会でした!

 

天気が微妙だったので延期かなと思いましたが、

朝はなんとか天気が持ちこたえてくれて、無事に運動会が開催されました。

 

運動会のオープニングでは、さっそく年長さんによる竹馬の披露がありました。

 

息子も参加していたのですが、

僕の息子は他の子よりもかなり高い竹馬に挑戦していました。

 

 

始まるまでは友達とおちゃらけて遊んでいたのに、

竹馬が始まった途端、とても真剣な表情に変わり、一生懸命前へ前へ歩いていきました。

 

 

息子の真剣な表情や、

竹馬に上手に乗れるまでのこれまでの努力を想像すると、

思わず涙が出そうになってきました。

 

 

まさか運動会の開始早々からこんなに感動させられるとは・・・

 

 

 

途中、天気が微妙になったりもしましたが、

なんとか無事にすべてのプログラムを終了することができました。

 

 

親バカで申し訳ありませんが、僕には息子が一番輝いて見えました。

 

僕自身も息子の努力に負けないくらい、

もっともっと色んなことに挑戦していかないといけないなと背中を押された運動会でした。

英会話スクールに通わなくてもTOEIC800点を取れた!